■Text

2020 5/5 tue

「大惨事 正造ストリップ」



クリア致しましたよDOOM ETERNAL!
最初はやべえツマンナイかもと思った弾薬しょんぼりなゲームバランスですが、
スレイヤーおじさんの各種パワーアップ&操作とシステムに慣れた中盤から本領発揮です。
凄まじいハイスピード且つバイオレンスでカオスでグッチャクチャなむちゃくちゃな状態と化します。
チェーンソウがこんなに大活躍するシステムにして大成功だと思いますよ!

キャンペーンクリア後はもっとステージ欲しいなあと感じましたので、
旧wadみたいにユーザーステージも対応できたら何十年も愛されまくる可能性あるで。



4/7に発令された緊急事態宣言による外出自粛、ぼちぼち一ヶ月であります。
俺も外出自粛しておるぜよ!
飯の買い出しとかも平日毎日行ってござんしたが、今は中数日開けて行っております。


この期間、ネットでニュース記事も拝見すると感じますが、
情報が多いことはありがたい反面混乱を助長するようなものも大量に発生してて、
先の戦争時に起こった新聞や報道のアレな話や、大本営発表と揶揄される事実の関係をぶっ壊すお上方面からのアレを思わせるものが
薄ーくではありますが現在一部再発しておりますよね。
そいでもって混乱時に躍進を画策する人間らしいものもボチボチ露出してきておりますので、
内心うわーとか思いつつ今後の動向に注視でございます。
ネットニュースって日本で一番有名ならしいとこでも非常時にほとんど要らない情報をドカドカ上げてくるんですな。


こういう状態になると、ニュースの実態はニュースショーで元ネタ無限湧きの見世物ってことを再認識しますな。
TVのニュース番組も全部ショーとして構成されてるの忘れがちやもんね。
会見などでカメラの微量ズームアップとかほら泣く目元ズームとかやられると、制作側の意図が気持ち悪くて番組消しちゃいます。


外出自粛期間中は体鈍るんで、自宅で筋トレ・ストレッチやろーやあ!

という流れか知らんけど、番組でムキムキおじさん達活躍中ですな。
自宅仕事は頭疲れて身体疲れてない状態になりやすく睡眠にも響いてきますから、
適度に身体も疲れさせてやるのが健康的生活の基本なんですよ。
絵描きとか外出自粛関係なく自宅で仕事する人も多いやろうし、性格的に休日を作らない人もおりますからな。

あと、行動の基本は筋肉です。
意思を実行するには筋肉が必要だと。
そもそも、筋肉がないと動作が発生しないんですよ。
確か養老せんせが言ってた動画を見た記憶が。
発想ぶっ飛んでて笑ったけど、コレ完全に真実やねんなぁ。
解剖しまくらないとこんな考えに行き着かないでしょ。
筋肉の想像以上の大切さ。

筋肉ダルマになる必要は、ないです。


大阪市長の買い物話で男が或いは女がどうこうというという発言に過敏に噛み付いた記事が案の定、揚げ足取った側が逆に不評を浴びまくっていて、
平時であれば面倒臭い考えの独り善がり正義マンってだけなんですが、
非常時に突っ込むのはタイミング・重要性ともに残念正義マンとしか言いようがなく、
人間としての機微がズレてんのじゃねーかなと。
至言ペンは剣よりも強しに倣いますと、ポリコレも対象の社会面に斬撃与えられるので十分刃物として機能しますが、
大したこと無い場面で刃物チラつかせると即チンピラと化すので制御してくださいまし。
昭和の迷言ガイキチに刃物と言われたら終いやで。


そーいえば映画のリメイクとかでポリコレ突っ込むとかすかに滲み出る軽薄さとプロパガンダ系臭気、
意識高い系というか偽善天狗タイプ(ひどい)の人達の善意兼必要悪として割り切って受け取りますが、
面白さのエネルギーが弱まってるケースに遭遇すると毎回あかんやろと思います。
エンターテイナーとして不誠実に感じるもんね。
新旧見比べたら一発でわかるんやで…

最先端≠最高なので難しいもんです。
昔の常識の否定を善しとする考えは鮮度維持には絶対必要で常に行なわれ続けておりますが、
常に人間の本質を捉えているかは無関係やからね。


ところで、松井大阪市長ってVシネ俳優顔ですよね。
東京の小池さんの会見で後ろに白竜とかがちらっと映ったりしたら…
胸熱です。


このひと月で新型コロナヴァイラスの性質も色々わかってきた模様で、
毒性自体は弱く潜伏期間も長めで発症が劇的ではないのがパンデミックの要因の一つみたいでありますな。
SARSとかのコロナとは少し違うみたいで、当初新型肺炎と呼ばれ肺の病状だけ注目しておりましたが、
現状では全身の血管にも作用している例が確認できたらしく、
侵入部位から最も近くて経路上最初に症状が発現する重要臓器が主に肺ということみたいであります。

水疱瘡とか帯状疱疹を引き起こすヘルペスウィルスは感染後に神経節に潜伏し、
例えば加齢や過労など宿主の免疫が下がって来たりすると何十年越しであろうが再活性化して症状が再発するのですが、
こういうのもあり得るよなぁと。
新コロこのタイプやったらイヤやなあ。


振り返るとWHOの発表は実際の逆が多かったという、不幸か悪手が想像以上に連発したことで
みなWHOさんの下知には疑心暗鬼中ですが、これもよくわかんねえな。
とりあえず今回WHOさんより台湾の方が優秀なことが判明しております。

嫌がらせしてハブった相手に負けるってクソダサやけど
そーゆーことする奴の末路あるあるやもんな。

後で消毒の程宜しくお願い申し上げます。

Update: text

2020 3/30 mon

「virusってどう聞いてもヴァイラスゆーてますよね」




COVID-19こと新型武漢コロナヴァイラスの件、
現状での自身感染の有無に関係なく、未活性の潜伏があるものと仮定して対処・行動するのが必要という学者の意見が今は一番慎重かつ現実的みたいですな。
貴様、外出て生で鼻ほじらないように。そしてその指をチュパるんじゃあない。
ヴァイラスが肺に至ることで重症化する故、侵入地点となる鼻と口が人の弱点なのだ!(ここホント)

往来でワザとらしく大声で咳くしゃみして意味不明なことごちゃごちゃ言ってる謎の不満撒き散らしおじさんにたまに出会いますが、
今最も存在価値のないものの一つですね。

近所のドラッグストアでケツ紙も鼻紙も棚空っぽで入荷未定のところもありますが
他んとこやスーパーにはどっちも少量は在庫あって、補充もされてるみたいっす。
誰かが買い占め行動に出た時点で品切れデマは本当の品切れへ現実化するので、悶々であります。

マスクが品切れなのは2月からずーっとですな。
口元にハンカチ当ててストッキング被るの大丈夫ですかね?


(追記 4/2)
海外のニュースとか洋画でも洋ゲーでもvirusをヴァイラスって発音してるんですがそういうのはアメリカ、カナダ、イギリスのもので、
ウイルスってのはラテン語に近い発音みたいっスね。なるほど〜。欧州はビールスに近いっぽいですな。フランス語読みだとちょいゲリ気味。
日本もビールス、バイラス、ヴヰールス、ワイラス、とか色々試して一番偉いところがウイルスと記載したんでそれ定着ってことらしいです。

昭和末期頃はビールス表記はよく見かけてて、末尾に菌付けちゃったりとかそんな認識やったよーな。
ビール業界からメロ言われたんか?
美術解剖でも洋書で勉強した時は骨格や筋肉の名前は基本ラテン語で記載されてたんで、こういうジャンルはラテン語が基本でしたな。
英語じゃ無いから尚更ニュアンスが直ぐには入ってこないんで、日本語の解剖書と対応させて漢字読みを自分で書き込んでましたよそーいや。


自宅で仕事しろ!の「テレワーク」のテレって、
「なんか家で仕事しちゃって悪いっスネ!てへぺろ!」的な会社お勤め人ならではの「照れ」から来てるんではなく、
テレフォンとかテレポーテーションとかの「離れた所」って意味のテレなんすね。
もう長らくネット必須社会になってるので、テレをあえて付けると何のこっちゃいなと一瞬思います。




延期されてた「DOOM ETERNAL」がようやく日本でも発売されまして、珍しく我輩も直ぐに購入でありますよPS4版!
今回は空冷ファンが静か。前作2016年版は本体大丈夫かと思う程ブン回ってましたからね。
軽く遊んでみた感じ、1面からやられまくりで難易度は相変わらずやなーと。
所持武器が少ない最初はトリガーハッピーやと直ぐに弾薬が尽きて脳みそカニロボット(小)如きにもてんやわんやです。


予習というか復習というかそのどちらでもない可能性極大な映画「DOOM アナイアレーション」も観ましたぞ!
副題に嫌がる穴に無理やり非常食ぶち込むバイオレンス感出てる。やるやん。

本作は映画「DOOM」主演ドゥウェインジョンソンという、ゲームのDOOM3をベースにした映画の続編というか、
別に続編ではなく然りとてリブートでも無い、最近作られたDOOM2016がベースらしいDOOMの映画なんですけど、
お姉ちゃん主役だし、3の博士がダンディ化して出て参りますのでよくわかりません。

制作された本国では何だこのゾンビ映画的反応らしく、バイオハザード映画くらい間違ったゲーム原作映画といえば方向性は共有できるかと。
バイオ映画と違う点は原作知らなくても楽しめる要素がすんごく少ないというところです!
前作から面白さをもうちょっと削った感じかな。Let's Rock!
超強い最弱雑魚ゾンビに宇宙海兵隊大苦戦するの何で?とかあるけど、カッコつけインプ君が燃える汚物投げて来やがるとこはゲーム準拠です。

あと、このインプ君共、前作のちっこいヘルナイト君みたいなポジションです。
強くて弱い。
他の盛りだくさん居る弄りがいのある面白モンスター達は映画には一切出て来ませんよ!
勿体無いけどゾンビ物にしたんは多分予算なかったんや。しゃーないで。

映画版は2作とも、SFホラーとして作られDOOMファンにそうじゃ無いと言われたDOOM3に引っ張られすぎておりますが、
実はSFアクションでもSFホラーでもなくバイオレンス地獄アクションが原作のキモですから、
例えばネクロストーム製作でド派手にやった感じとかやと、低予算でも凄いインパクトは出せることは証明されてますよね。
ネクロのCG基本へぼいけど演出力がガチなので、画面ショボいのなんか見てる方は許せますよ。
DOOM映画作るならこっち方面に振り切った方がエエのんでは無いかと。

登場人物なんか描き方次第では一人でも大丈夫やねんな。
ブロンソンみたいな人が孤独にだんまり&容赦のなさ出して、ファッション面ではメット被せとけば問題なし!
カールアーバンが演ったドレッドでも格好良さは証明済みやで!

ということで、「DOOM アナイアレーション」には所謂ドラゴンボールエボリューション現象を感じましたです。
これに尽きますぜ。
(ゴボションは俺観たこと無いです)

コロナ休みにオススメしておきます。
休日の質は保証できませんがね!


などとしたためているうちに速報入って志村けん新型コロナで亡くなってもうた…


Update: text

2020 3/3 tue

「キチミチ」




「ゲーム・オブ・スローンズ」最終章、ようやく追いついて観終わりました。

第一章から第五章あたりまでは強烈なショックシーンが必ず一度は起きて、原作未読状態では誰が生き残るか判らず心臓に悪いのでありましたが、
以降はそういう、ある意味視聴者が弄ばれてるような感じはなくなり、綺麗に収斂させていったとこがまたニクイですね。
作中渦巻く憎悪の渦が一つ一つ解かれていき、結末がなんとも大人でありました。

架空の話ですが、現代の歴史に繋がる要素も暗示させつつ、無理やり解決させずに
その時々で対応しつつ歴史は続いていく雰囲気がまたなんとも言えない味わいであります。
-
第一話を吹替で見たので最後まで吹替で通しましたが良かったですよ。
しかし映像面は凄かったですなこれ。
連続ドラマなのに劇場映画でも最高クラスのクオリティを最後まで通しましたなあ。どんだけ金かけとんねん!と。

日本の時代劇ドラマもこのくらいのフィルム感というか質感出れば嬉しいなあ。
地デジになった頃から綺麗に安っぽく映るのなんででしょ?
(安っぽいんじゃなくて、桁違いに低予算なので本当に安い映像になるっちゅー無慈悲な考察あり)
劇場公開映画は邦画も良い感じなんですけどね。


今やってる大河ドラマの「麒麟がくる」のオープニングは昭和の時代劇みたいでめちゃカッコ良いっすわ。
オープニングロールのフォント感とか、一部特撮以外は平成時代には壊滅してたセンスっぽい。
音楽も無理に江戸的平和センスの絢爛豪華な和風にする必要なく、戦争モノっぽければ西洋音楽でもすごく似合いますね。
こういう路線の作品でどうしても和風にこだわるなら、ドラムとかを和太鼓にしてドンドコやれば俺は十分っす。
-
過去作・映画ほか含め結構よく見る豪華絢爛でド派手な演出、
成熟した政治文化表現にはある程度向いてても、戦闘が絡むとどこか抜けていてツボのよくわかんない演出の仕方するんで、
深みや渋さはスポイルされがちというウィークポイントがありますね。
もしかして歌舞伎とか伝統芸能の非映像面で築き上げられたセンスをそのまま映像技術に混ぜちゃってるのかなと。


硬派な人は硬派な映像を作っても硬派なので作り物に興味示さない可能性!
居たけど大半寿命来た説!
居るし作れば見る説!

実際の歴史を題材にすると考証やら心情やら誰かにとって必ずマイナス要素に転じる可能性が不可避なので、
中途半端な忖度をせずに総合して突き抜けるなら、架空の世界・文化・人物でやるのがエエのんかな。
小野不由美が今も紡いでいるように。

その意味では随分前に装画描かせてもらった小説『日入国常闇碑伝』は、和風架空世界ファンタジーとしてはしっかり根が張ってると感じまして、
広げ方・掘り下げ方・捻り方などすごく面白かったですよ。こういう遊び心は俺好みであります。
最近だと『機巧のイヴ』もそうですね。
-
実在歴史ものに近い雰囲気を持ちつつ決定的に異なるところは、

誰がどうなるか全く判らない
なにが起こるか全く判らない

この点ですよ!!

既知&未知



Postscript:March 8
[Hello Patrick from Germany,I'm not signing the card now, so I can't fulfill your hope.I appreciate you like my illustrations. Thank you.]

The error rate is very high even if you send an e-mail from overseas and reply, so I will add it here.
Fans and collectors who haven't received my reply besides him, the cause seems to be on that server. DAEMON is demon.
Well don't worry about that.😉

Update: text , +3/8 p.s.

2020 2/2 sun

「おりたたぶ」

買って参りました〜
Brompton太郎(10)である我輩としてはこれは拝読せねばと。
タイヤちっこいの好き。
最近まーた1台欲しくなってますんで物色中です。選んでる時が一番幸福な時間ですね(^q^)

そーいえば作者のこんちきさんってあのこんちきさんかいな?





宣伝でありんすー



2/1発売の新潮文庫『機巧のイヴ -帝都浪漫篇-』 乾緑郎・著 のカバー装画担当です。

小説誌「yomyom」vol.52〜58に連載された『機巧のイヴ3 如洲望郷篇』の文庫化でございます。
『機巧のイヴ』『機巧のイヴ -新世界覚醒編-』も合わせて是非宜しく!


発売中の「カードゲーマー」vol.50の”カードゲーマーミュージアム”という4ページほどのコーナー、今回は俺でございます。
過去にカードゲーム用に描いた色んなイラストにコメントしてますので、興味ある人はぜひ読んでみてね😉


島爺公式サイト用に墨絵描いてますよ。
サイトデザインのリニューアルまでの間だけですが暫し宜しく!


昨年の夏コミケのCOJIRASE LUNCH BOXさんのアイテムで、TWORKSさん箔押しの架空レコードジャケット+冊子の見本でございます。

写真じゃわかりませんが結構デカイですよ。LP盤サイズなので一辺31㎝くらい。
帯が昭和風デザイン&ちょいダサキャッチコピーで初見マジですかと!😁



小冊子の方はふたまわり小さいですけど
参加イラストレーターのイラスト&色んな種類の箔を使っているので
豪華カタログ画集っぽいッス。
使用した箔の色味の変化具合はtwitterにupしたgifで確認できますぞん



感想メールとかthanks!
都度お返事できなかったりマメではない性格ゆえ申し訳ないッス!
しっかり読んでますよ!😉

Update: text , info

2020 1/17 fri

「をーず」


今年の1/17で阪神大震災から25年なんですな。
四半世紀というと逆に時間感覚が麻痺しますが
当時の子供たちが社会の主力となるくらい経ったといえば、おぉーそんなにかとなりますな。
-
定期的に南海トラフの前兆情報らしきものが出て来てますので、
誰か早く反重力装置を開発するんやジーニアス!
家浮かそうぜ。


遅ればせながら『スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明け』観てきました。
すごくスッキリ纏まって、観終わった時の清涼感がなんともGOODであります。
これは良いスターウォーズやわ。

-
小アナキンのお話であるep1-3の3部作観終わった時のテンション下がる展開を経験してると、警戒しちゃうもんね。
最初に公開されたep4-6でのダース・ベイダー卿と化した黒アナキンにつなげる為に不穏な終わり方なのはしゃーないね。
今回ep7-9の3部作最終作はきれいに終わってて、良いですよ!良い!良い!


『リチャード・ジュエル』は試写会に行ってきましたっす。
実話を元にした社会派ってことで、地味だし多分目立ったヒットはしなさそうですが、
現在の日本にとってはタイムリーなネタ、若しくはそうなる可能性も‥という作品で、
オリンピック中のテロに冤罪にと、観て損はない作品ですよ。

主人公がうだつの上がらない男であり正義漢ではあるが清廉潔白かといえばそうでもなく、
というかだらしなーい感じで隙だらけで生きているんで、そこをガンガン詰められて本作の状況になっていくのですが、
誤解を生みやすい言動をしちゃう人は居るからなーと。そういうとこもわかりやすく描かれてますよ。

隠れ見所としては狂作「ミザリー」のキャシー・ベイツがオカン役っす。
昔は大ファンの人気小説家を拉致って介抱しつつ足の骨をへし折る大バイオレンス女でしたが、
本作では優しいタッパーばばあだよ。

Update: text

2020 1/3 fri

「超重戦車YEAR!」


あけましておめでとうございます。

一昨年は働き過ぎてた反省から、昨年は結構抑えて仕事しておりましたので、無理なく過ごせた一年でありました。
今年もボチボチ頑張っていこうかと思っております。

年始恒例の抱負であります。
今年は仕事で重量級なロボを描いたり鬼畜筋肉野郎描いたり弩グロモンスターを描いたりエロめなお姉さんを描いたりスペシャルなジジイを描いたり
たまーにイケメン描いたりぶっさぶさのブサメンも描いたり描かなかったりできれば。
変なモンも隙を見て描いていきたい所存。

↑抱負んとこ、昨年と同じような事言ってますね。
何故ならコピペだからですよ(テヘペロ)
基本的な嗜好なので(←ここも同じ)


今年もよろすこっス!



12/27より『項羽と劉邦、あと田中』コミカライズ版の連載が始まりましたよ!
俺はキャラクター原案ってことで特に何をする訳でもないので、いち読者として楽しませてもらいますす〜ん!
皆さんも是非読んでみてくださいませ(*´꒳`*)

あと、
原作の『項羽と劉邦、あと田中』が
2019年度の第12回「日本タイトルだけ大賞」で個人賞受賞しております!
たまげたなあ!


大晦日にシドミード御大の訃報が。
自分が子供の頃観た数々の最高な映画でデザインに参加してたりで、もう伝説のデザイナーの一人といった感じですが、
日本ではターンAガンダムのデザインの人となるみたいですね。
国内のガンダム好き或いは崇拝している人には絶対産み出せない仕事をしたという1点で、インパクト大であり俺は好きでした。
正直正面のデザインは無理しててどれもちとダサいんすけど、その中でもより自由にデザイン出来たっぽい背面がどれもイカしてるっす。
背中で魅せる。このセンスは大好きです。

当時日本人のプロがあれデザインしたら業界から抹殺されたよなと。
ガンダム自体より世界的にネームバリューのあるエンタメ系メカデザイナーならワンチャンあるかもですが、
日本に存在しないので起こりようも無いのではありますがね!

アレンジの繰り返しが20年位経過してた当時の時点で既にガンダムデザイン的カッコよさが近親相姦状態に入り
近い将来断絶する危機感があったんじゃないかなと思っていたので、
シドミード先生のデザインはまれびとの遺伝子として受け入れられ、今もガンダム家系図が存続しているという、
必要な存在だったと、勝手解釈しております。

ありがとうございましたです!😉


↑2020
――――――――――――
↓2019

Update: text , pic
[Previous text]
■Pickup Information
book

新潮文庫
『機巧のイヴ -帝都浪漫篇-』
乾 緑郎・著
カバー装画

book

徳間書店
『嵐を呼ぶ男!』
杉山大二郎・著
カバー装画

book

ホビージャパン
『本当はドスケベな世界の神々』
TEAS事務所・著
カバーイラスト

book

主婦と生活社
『項羽と劉邦、あと田中 2』
古寺谷 雉・著
イラスト担当

book

新潮社
『鬼憑き十兵衛』
大塚己愛・著
カバー装画

book

主婦と生活社
『項羽と劉邦、あと田中』
古寺谷 雉・著
イラスト担当

book

WARNER MUSIC
島爺 3rd Full Album
『三途ノ川』
通常盤 ジャケットイラスト

book

WARNER MUSIC
島爺 3rd Full Album
『三途ノ川』
初回限定版 ジャケットイラスト

book

WARNER MUSIC
島爺 3rd Full Album
『三途ノ川』
初回限定生産たまてBOX盤
ジャケットイラスト

book

角川書店
『麒麟児』
冲方丁・著
カバー装画

book

文春文庫
『三国志博奕伝』
渡辺仙州・著
カバー装画

新潮社「yom yom」vol.52〜58
『機巧のイヴ3 如洲望郷篇』
作・乾 緑郎
イラスト担当

book

徳間文庫
『カミカゼの邦』
神野オキナ・著
カバー装画

book

新潮文庫
『機巧のイヴ ―新世界覚醒篇―』
乾 緑郎・著
カバー装画

book

新潮文庫NEX
『島津戦記〔二〕』
新城カズマ・著
カバー装画・挿絵

KADOKAWA「小説 野性時代」連載
『麒麟児』
作・冲方丁
イラスト担当

book

新潮文庫
『機巧のイヴ』
乾 緑郎・著
カバー装画

book

新潮文庫NEX
『島津戦記〔一〕』
新城カズマ・著
カバー装画・挿絵

book

カドカワBOOKS
『転生太閤記
~現代知識で戦国の世を無双する~
桶狭間編』

津田彷徨・著
イラスト担当

新潮社「yom yom」vol.44〜48連載
『機巧のイヴ2 Mundus Novus』
作・乾 緑郎
イラスト担当

book

カドカワBOOKS
『転生太閤記
~現代知識で戦国の世を無双する~』

津田彷徨・著
イラスト担当

bookbook

講談社NOVELS
『無傷姫事件
injustice of innocent princess』
+
『彼方に竜がいるならば』

上遠野浩平・著
イラスト2冊担当

book

アース・スターノベル
『ティタン アッズワースの戦士隊』
白色粉末・著
イラスト担当

book

学研
『甲州赤鬼伝』
霧島兵庫・著
カバーイラスト

book

朝日文庫
『賽の巫女 甲州忍び秘伝』
乾 緑郎・著
カバー装画

book

KADOKAWA富士見ファンタジア文庫
『ゴールドラッシュ・オブ・ザ・デッド』
永菜葉一・著
カバーイラスト・挿絵担当

book

講談社NOVELS
『日入国常闇碑伝』
詠坂雄二・著
カバーイラスト

book

角川ホラー文庫
『戦都の陰陽師』
武内 涼・著
カバーイラスト

→ more information